2009年11月12日

今回は分娩舎を紹介します。

今回は分娩舎を紹介します。これが外観です。
こぶ黒国産北海道和牛

分娩予定1,2ケ月前にこちらの分娩舎に連れてきます。

こぶ黒国産北海道和牛

良質な草と濃厚飼料で増し飼いします。
分娩予定日の1週間前になると分娩監視システムのセンサーを
母牛にいれます。  (リモート製です)
約24時間前に分娩を教えてくれます。とっても楽しています。

こぶ黒北海道牛肉(和牛)

予報メールが来たらこの分娩房に入れます。出産の時間がわかるので、
きれいな床の状態で出産を迎えられます。
この分娩房で5日間仔牛はお母さんから母乳をもらいます。
仔牛は6日目から母牛と別れて粉ミルクをのまします。
粉ミルクにお腹が慣れたら哺乳舎にいきます。

次は哺乳舎を紹介します。


posted by teru-teru at 19:41| Comment(0) | ♪牛くんのお話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。