2013年01月27日

まつもと牧場。






撮りとめたDVDを見たい気もするが

こんな日の午後は、カメラを片手に

冬の牧場を散策するのもいいw




IMGP1531(1).JPG



奥は分娩舎R   

出産予定日の1ヶ月前になると

繁殖舎から母さん牛を移動させ

エサの増し飼いをし良質の牧草を与え

裏にある妊牛専用のパドックで運動ができるのだ。

そして、生まれたばかりの仔牛は

ここで1週間ほど母さん牛と過ごすんだ。


          
手前は哺乳舎R

生後1週間を過ぎ

母さん牛とお別れした仔牛たちが

哺乳ロボからミルクをもらい

ここで生後6ヶ月位まで過ごす。
 






IMGP1530(1).JPG



向って左が小さい肥育舎&祖飼料庫R

小さい肥育舎には、7部屋あり

28頭の牛くんたちが肥育牛として

過ごせるようになっている。







IMGP1529(1).JPG



繁殖舎の裏手R

夏場はここでサイレージにラップを巻いたり

わらを干したりする貴重なスペースなんだ。







IMGP1533(1).JPG



ここで1枚。

お隣のまつもと牧場さんもパチリM







IMGP1532(1).JPG



大きい肥育舎R

ここでは、生後8ヶ月で育成舎から移動した牛くんたちが

出荷の生後30ヶ月まで肥育牛として過ごす。

24の部屋、92頭の牛くんが

おいしいこぶ黒ちゃんに生まれ変わる準備をしている。








IMGP1535.JPG



母さん牛たちが、いちねんを通して食べるサイレージ。

牧場内の数か所に積み上げ

ここは繁殖舎の風除けとしても役立っているのだよ。







IMGP1527(1).JPG



母さん牛たちの運動場R

5ヘクタール程の運動場の横には給水のための小川があり

それを渡ると3ヘクタール程の山がある。

そのためか削蹄の必要がないんだ。







IMGP1521.JPG



すっかり埋もれてしまった石窯モ

春が待ち遠しいよぉぉぉォ







IMGP1523(1).JPG



正面は雪に覆われた加工施設。

焼肉ブースと肉の加工室とスタッフルームに分かれている。







IMGP1525(1).JPG



改めて・・・

すごい山奥に住んでいるコトを実感したのだった・・・ヌ

よろしかったら・・・

いつでもどうぞニェ

















posted by teru-teru at 15:04| Comment(0) | ♪牛くんのお話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。