2013年08月31日

肥育管理。




牛くんたちにとって

過ごしやすい気温になったとはいへ

夏の疲れが出始める秋。



例年に比べ短かった夏のお陰で

100頭の肥育牛が受けたダメージも少なく

今のところ毎日元気に食べ続けている。




2013-08-31-20-21-43_deco.jpg

今が絶好調 「ぜろよんくん」





一番牧草が終わった日から

自動給餌機から落ちる餌を

計りながら給与しているせいか

意味もなく餌を残す牛くんがいなくなった。




2013-08-31-20-20-36_deco.jpg




それは、へなちょこな腰のワタシにとっては

かなり勇気のいる作業でも

以前から給餌機から落ちる餌の量の曖昧さに

不安を抱いていワタシにすれば

思い余った、当然といえば当然の作業で

一度決めたコトはやり通す。

という、面倒な性格に基づき

腰痛覚悟で続けている。





肥育牛はデカイ図体のわりには繊細で

現在使用している雪印名人の給与は

1頭500g単位で調整していて

朝晩合わせて5sも誤差が出れば

牛くんの肝臓がどうにかなってもおかしくはないのだ。

といっても、この誤差に関しては

やむを得ないものと理解し

この先の肥育管理はワタシの仕事でもあるのだ。





2013-08-31-20-55-28_deco.jpg




それは牛くんたちの為でもあり

ある意味

原因不明の食欲不振の牛くんを減らし

精神的ストレスを減らすという

ワタシ自身のためでもあるのだよ。


この秋を乗り切るためにもね。















posted by teru-teru at 21:15| Comment(6) | ♪牛くんのお話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだか、餌の箱が大き過ぎて、はかりが頼りないように見えるの(笑)
teruちゃんの腰も頼りないから、ホント気をつけてね(^_-)-☆
Posted by まき at 2013年08月31日 21:32
…って、前回のブログにコメしたけども、それよりもチビちゃん…⁇
ちょうど当日だったし、どう……なんだろう……
Posted by なた at 2013年09月01日 00:14
毎日の肥育管理お疲れ様です。自動給餌機の誤差はそんなに大きいのですね。初めて知りました。それが枝肉成績のみならず、疾病の発生に影響してくるのですね。
しかし、腰痛も心配ですし何か良い方法はないですかね。緑のお皿の底にフタをつけるとかどうでしょうか。
Posted by しみず at 2013年09月02日 07:21

まきちゃん。

あれって重たいのよ〜
一度に10〜20kgの餌が落ちるんだけど
それが24もあるのよ。。。
いつまで出来るかは疑問(u_u)

Posted by teru★ at 2013年09月02日 08:44

なたくん。

あの夜、ホントは
雨とカミナリが強くなるごとに気が気じゃなくて
家に付いてから車で探して回ったよ。。。
飲み会の最後、せわしくてごめんね〜

今日で1週間…

Posted by teru★ at 2013年09月02日 09:13

しみずさん。

いっつもありがとうございますっ!
名人は粉っぽい餌のせいか湿度にも影響されます。
冬、仕事が落ち着いたら
牛舎に給餌のための細工をしてくれるという
アイディアマンの旦那はんに期待したいと思いまーす。


Posted by teru★ at 2013年09月02日 13:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。