2013年09月30日

誰かのために。





彼らのために何かできるなんて

大それたコトを思ってもいないし

彼らの望んでいるのは

そんなもんじゃないんだ。




ここ数年

カタチではなく

心の「支え」や

あったかい「励まし」や

「応援」を肌で感じ

改めてその言葉たちの意味の大きさを知り

厚かましいかもしれないが

人との触れ合いの中で

もらってばかりのワタシにも

与えるコトができるかもと思ったんだ。





9月29日

日高軽種馬農協北海道市場 

多目的ホールで開催された

第4回ライディングヒルズ静内

障がい者乗馬大会の

ボランティアに

今年も参加した。




2013-09-29-21-35-29_deco.jpg





2013-09-29-21-40-28_deco.jpg





2013-09-29-21-42-04_deco.jpg





2013-09-29-21-39-04_deco.jpg






なんて

そんなコトを思いながらも

参加者や保護・引率者との

他愛ないのないおしゃべりや

辛い顔など微塵も見せない

明るい笑顔に

元気をもらうのは

いつもワタシの方で

「人はこんなに頑張れる。」

を、痛感させられるのだ。





そして何より

静内農高馬術部などの学生さん達が

ホントに親切で明るく

参加者のみんなと関わる姿には

感心させられたよ。

今の若いモンも

捨てたもんじゃない。
↑ 
オバサン目線。





これからもこの大会が

無事に開催されるコトを

心からお祈りします。










posted by teru-teru at 21:33| Comment(2) | ♪つぶやき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
障がい者でも健常者でも人の手を借りないと乗馬が出来ないですよね。誰でも一人では何も出来ない点は同じなので、私も人の為に頑張ります︎
Posted by しみず at 2013年10月01日 05:44

しみずさん。

そうですね、みんな同じですね。
しみずさんは、ワタシたち生産者のために
毎日頑張ってくれてるじゃないですか〜

どんな仕事もそうですが
その仕事の意味を忘れたら
やり甲斐も忘れちゃいそうですよね。

Posted by teru★ at 2013年10月02日 10:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。