2014年03月09日

男の料理。





普段、

それほど料理もしない息子に

煮込みなど作れるのか。

いきなり作り始めたキッチンには

一体、何が出来るのかと

いても経ってもいられない

娘とワタシがチャチャを入れる。



2014-03-09-20-31-59_deco.jpg



しかも、食材は

あのフランケンだ。

確かに赤身といえば赤身でも

味が薄く硬い部位でミンチにも出来ず

いつもなら捨ててしまう部位だ。



2014-03-09-20-28-36_deco.jpg



酒にみりんに砂糖。

計りもせずにドボドボと入れ

醤油仕立てのスープに

茹でこぼし

小さくカットしたフランケンと

ゴボウ、ニンジンを入れている。




      むむぅ。

      息子よ…

      一体どこで、茹でこぼしを

      覚えたんだ。




ビジュアルに問題はないが

だからウマいとは限らな・・・



2014-03-09-20-30-19_deco.jpg




ウマッ!!!!メ











posted by teru-teru at 21:28| Comment(4) | ♪ふぁみりー。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フランケンは枝肉の表面の赤くて硬いところですよね?普段商品化しない部位にこそ隠れた味があるのでしょうね。息子さん、将来の夢の実現に向けて着実に力をつけていますね。
Posted by しみず at 2014年03月10日 06:22

しみずさん。

フランケン。
その通りですね。
スジ煮込みと全く変わらず
柔らかく味も悪くない
今まで捨ててたなんて
もったいない…ヽ(´o`;

Posted by teru★ at 2014年03月10日 09:37
男飯って旨いよね〜
ましてや、かわいい息子が作ったとなれば、味は格別♪
Posted by まき at 2014年03月11日 12:39

まきちゃん。

あれって不思議でさ
作ったこともないのに
食べたコトがあるってだけで
サクサク作れちゃうんだよね〜
羨ましいーー♪( ´▽`)

Posted by teru★ at 2014年03月14日 07:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。