2014年04月13日

来た道と行く道。




2014-04-13-08-36-23_deco.jpg




自家製酵母の豆パンを焼き

友人と待ち合わせをし

プレゼント用の花束とウィスキーを買った。

50年以上、人工授精師として勤め

この春、退職した知人宅にお邪魔し

お祝いを伝えるためだ。

これまでも何度かお邪魔し

いつも密かに期待している

奥様の手料理をご馳走になりながら

ゆうべは、日付が変わるまで

話に華を咲かせた。



ワタシはウンっと年上の人と

話をするのが好きだ。



50歳を目前にし

「一生は短い」というコトに気付いたワタシに

これから行く道の中で

起こるかもしれない家族との出来事や

カラダやメンタルの老い

そしてその際の考え方を

自分達が来た道の経験談から

話をしてくれる。

それには個人差はあるものの

どの話も興味深く

どんどん引き込まれていくのだ。



「仕事も趣味も
     やりたい時にやらなきゃダメ」


説得力あるなぁ。

















ラベル:定年 知人 お祝い
posted by teru-teru at 21:43| Comment(4) | ♪今日の私。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人生の先輩のお話はありがたいねぇ。
後悔先に立たず…。
今のところ順調だね!

Posted by まき at 2014年04月13日 22:16
そうですね。自分より年上の方と話しをするということは、これから行く道を知る手がかりになりますね。ありがとうございます。
Posted by しみず at 2014年04月14日 06:37

まきちゃん。

ほっんと、参考になる。
人それぞれだけど
その時の気の持ち方が
また興味深い。
ふむふむ…。

Posted by teru★ at 2014年04月14日 20:18

しみずさん。

カラダや心の老いは
避けては通れない。
まだ、先とは思っていても
50〜60歳はそれまでの中で
一番、早く過ぎるらしい…。
ふーん。そうなんだ。




Posted by teru★ at 2014年04月14日 20:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。