2015年03月21日

薄っ!





こぶ黒牛丼に関し

先日「現状での加工に問題はない」

との、保健所から回答があり

また新たな手続きや

許可が必要になるのではないか。

と、心配していたが

その回答を聞き

牛丼作りに拍車がかかった。

次の作業はラベル作りや

調理方法などの説明書きの作成。

その前に、

忘れていたわけではないが、

すっかり試食しそびれていた

レンジ対応のこぶ黒牛丼。

肉や玉ねぎの内容量、その厚さや

味付け、タレの量までも見直した

2度目の試作だ。


    
          なのに…なのにサ



2015-03-21-21-55-51_deco.jpg




     っ!



フライパン調理と違い

レンジ対応袋の場合、

和牛の脂も袋の中で溶け出すため、

その甘さに負けないように

若干、タレを

濃い目に作った方がいいようだ。

こぶ黒牛丼完成への道のりは

まだまだ続きそうだ。

















posted by teru-teru at 22:32| Comment(4) | ♪おうちごはん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
保健所のチェックを楽々クリアされるとは、さすがは松本さんです。信頼関係が大事だと聞いたことがあります。
味やパッケージの試作楽しみに待ってます。
Posted by しみず at 2015年03月22日 16:02

しみずさん。

いつもコメントありがとうございまぁす♪
近日、3度目の試作の予定ですよ。
3度目の正直という言葉の通り
今度は上手くいくような予感〜
(何の根拠もありませんが|д゚)

Posted by teru★ at 2015年03月23日 21:24
そういった調理方法で味が変わるなんてねぇ。
奥が深いねぇ。
出来上がりが楽しみだね!
Posted by まき at 2015年03月25日 09:18

まきちゃん。

3回目の試作ができたよ!
もう冷凍庫は牛丼だらけさ〜

Posted by teru★ at 2015年03月26日 09:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。