2016年04月18日

今日のパン。






今日のパン。




image.jpeg




モッツァレラチーズと

オレンジピールのニンジンパン。

すりおろして

生地に混ぜた

雪下ニンジンの甘みが優しいパン。




しばらく留守にするため、

2年近くかけ継ぎを続けてきた

自家製酒粕酵母をこのパンで使い切った。

まるでぬか床のように大切に管理し

その日の気温や湿度で変わる

自家製酵母でパンを焼くコトのは

ワタシの生活の一部なのだよ。




5月に入ったら

新たな酵母でスタートしよう。

それまで手作りパンはおあずけ。








posted by teru-teru at 15:21| 北海道 ☔| Comment(2) | ♪今日のパン。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本ではぬか床、欧米ではパン酵母がお母さんの宝物なのでしょうか。
パン酵母を長生きさせることはできるのでしょうか?ぬか床をかき混ぜるみたいに。留守をする方々では酵母と会話するのは難しいですかね。
Posted by しみず at 2016年04月18日 20:30

しみずさん。

元気なうちに
掛け次をして
無菌の状態であれば
酵母は何年でも生きられます。
長い付き合いですよね。


Posted by teru★ at 2016年04月23日 08:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。