2017年05月14日

YANAGI。








今年の1月

「是非、こぶ黒を使いたい!」と

熱くメールで語り

牧場視察の約束当日

なぜか50qも手前の静内町で迷い

到着時刻を3時間も過ぎたにも関わらず

満面の笑みでやって来た人がいる。

牛舎内をゆっくりと歩き

ワタシはその男性と牛さんの話をした。

ワタシ達の牛さんに対する思いに

とても共感してくださり、話は弾み

牛舎を出る頃にはもう薄暗くなっていた。

聞けば知る人ぞ知る、札幌は

「ステーキ&ワイン いしざき」にお勤めで

経歴にも申し分のないその人は

有言実行し5月9日

札幌中央区南6西3に

鉄板ステーキレストラン「YANAGI」を

グランドオープンさせたのだ。






IMG_1817.JPG






IMG_1815.JPG






IMG_1818.JPG







早速、オープンに駆けつけ

スープ・サラダそして前菜から

こぶ黒が使われているのには驚いたよ。

普段、焼肉などでしか

こぶ黒を頂くことのないワタシにとっては

全てが新鮮で

ただ焼いてお皿に盛られる

今までの鉄板焼きのイメージが

大きく変わった。






IMG_1813.JPG







IMG_1816.JPG







IMG_1819.JPG







大切な記念日に

ちょっと贅沢な時間を過ごしてみては?











posted by teru-teru at 07:19| 北海道 ☔| Comment(2) | ♪こぶ黒のお話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鉄板焼きはカウンター越しでお客様と相対するので食材やコンセプトについても胸を張れるものでないとならないのでしょうね。
食の在り方について考えさせられました。
Posted by しみず at 2017年05月15日 06:48

しみずさん。

商売は最終的に人と人だと思います。
お料理に生産者と作り手の思いを乗せ
コミュニケーションを図れるシェフは
本当に素晴らしいです(⑅˃◡˂⑅)
Posted by teru★ at 2017年05月23日 11:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。