2018年03月30日

かいかい君。






最近、牛舎が賑わいを見せているのは

かゆい所に手が届くかいかい君のお陰だ。




403BE20E-F126-421B-801A-72EBF4FD6824.jpeg



5FE6BDBE-53AF-455C-AA70-8C32EC1A1E67.jpeg




8〜9か月から肥育期に入る牛くんたちは

30ヵ月という短い生涯を牛舎の中で過ごす。

代わり映えのない景色と

同じメンバーで過ごすのだから

2歳程度の知能があるといわれる牛くんたちは

何か変わったコトはないものか…

と、思っているに違いない。

そこで設置されたのが

車のショックを利用して作られた

このかいかい君なのだ。




E6783F56-E339-42D9-BC71-16D7430D38F2.jpeg




丸々とした牛くんは

短い脚を必死にフル回転させ

お腹の下をかいかいする。

横っ腹やカラダの側面がかゆい時には

ぶっとい鉄の棒で作った扉が

ゆがまんばかりの勢いでかいかいするが

しっぽをいくら振り回しても

背中だけはどうにもならないのだ。




2EC73D50-9A6A-4FCB-B807-0BD2C3F8280B.jpeg



もっといっぱい付けてよ〜と

行列はしばらく続きそう。









posted by teru-teru at 19:20| 北海道 ☔| ♪牛くんのお話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする