2018年06月03日

石窯で出来る料理。






春先から秋にかけて気温が15度を超えて来ると

着火からわずか1時間半足らずで

石窯は300度まで到達する。




033AC39B-E58B-4CCD-AD54-B0733BDF383D.jpeg
            4年目の手作り石窯。 



300度を超えたあたりで扉を閉め

煙突もふさぎ燃え盛る炭をおきにする。

火がおさまったら焼き台をサッと掃いて

ダッチオーブンの予熱のため窯の奥にそれを入れ

手前にピザを投入。

焼き台の周りにおきを置くコトで

キレイな焼き色が付き

300度に温まった窯では

わずか5分程でパリモチのピザが焼けるんだ。




95AE9164-231D-4FAB-9C43-1E898ED7FE3C.jpeg
          アスパラとチキンのピザ。



75E45491-88A7-4F48-9EB7-87EA4F90AA56.jpeg
     食べたいピザは自分で焼くシステム。



B9DED6F1-FFA8-4939-8569-FA1C472725F6.jpeg
     マルゲリータなど6種のピザを焼く。



2枚ほど焼いたら、ダッチオーブンを取り出し

オリーブオイルとニンニクを軽く炒め

お肉の全面を焼く。

今回はこぶ黒のトウガラシ1.2sでローストビーフを作る。




AA70AF1D-F9AB-4B4C-B2D2-926E5567076A.jpeg
       一番喜んでいるのはワタシ?笑



こんがりと焼き目が着いたら

野菜を炒めお肉を戻して石窯の奥へ。

250度以上の窯なら20分加熱した後

常温で20分放置してローストビーフ完成。




3862D16A-AC3D-48AE-B1D8-2F216223EF25.jpeg
    ぶんちゃんの舌、長すぎ。



DF1D56C3-DB86-478E-BD7C-4CDD6A39DF65.jpeg
  トウガラシのローストビーフが一番好き。



7〜8枚のピザを焼き温度が250度程に下がったら

カンパーニュやバゲットなどの大型パンを焼く。

更に下がると、バターロールや

メロンパンなどの小型パンと

温度に合わせてメニューを変えていくのだ。




66A296BD-8EDE-4225-A76A-946729DEA611.jpeg
      こんがり焼けた丸いバターロール。



200度まで下がったら鉄鍋などに

オリーブオイルとトウガラシ

ニンニクを入れ窯に投入。

数分で取り出し、海鮮などを加え再び石窯へ。




74102C98-A686-4B1E-A8BE-7A19B876952C.jpeg
          アヒージョはやっぱ海鮮。




15分程でアヒージョが完成する。

その後は温度に合わせじっくりと焼きたい

塩釜焼きやクッキーなどを焼くのもいいよね。




38901120-DE3E-40A3-8B4E-913FA8688EB7.jpeg




石窯パーリー家族編番外。




4EE21752-D2C1-4368-9B7E-C5953C2F8746.jpeg
                いつもお手入れありがとう。



0CF84E19-8339-4C15-AE05-9F052881FBC0.jpeg
         ワンタッチテントはマスト。



E71ADABD-49ED-47AC-87AA-14FD267CE174.jpeg
    孫もスタッフも全員参加で9人と2匹。



AD4F5D32-764C-4ABA-BD0C-DEABDBF9273E.jpeg
           バーナーでアヒージョを炙る、いいね!



F1A4D1AF-9316-4B29-987F-A2B00562669F.jpeg
       〆はアイス争奪じゃんけん大会。



6B263237-8924-46FA-9A64-F7EC6FEDDA30.jpeg
       我が家の奉行、今日は貝を担当。



9C3E947B-0F1B-44E7-A877-CB066EAA74A0.jpeg
          ドローンのお手並み拝見。













posted by teru-teru at 19:51| 北海道 ☔| ♪石窯パーティ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする