2018年06月03日

石窯で出来る料理。






春先から秋にかけて気温が15度を超えて来ると

着火からわずか1時間半足らずで

石窯は300度まで到達する。




033AC39B-E58B-4CCD-AD54-B0733BDF383D.jpeg
            4年目の手作り石窯。 



300度を超えたあたりで扉を閉め

煙突もふさぎ燃え盛る炭をおきにする。

火がおさまったら焼き台をサッと掃いて

ダッチオーブンの予熱のため窯の奥にそれを入れ

手前にピザを投入。

焼き台の周りにおきを置くコトで

キレイな焼き色が付き

300度に温まった窯では

わずか5分程でパリモチのピザが焼けるんだ。




95AE9164-231D-4FAB-9C43-1E898ED7FE3C.jpeg
          アスパラとチキンのピザ。



75E45491-88A7-4F48-9EB7-87EA4F90AA56.jpeg
     食べたいピザは自分で焼くシステム。



B9DED6F1-FFA8-4939-8569-FA1C472725F6.jpeg
     マルゲリータなど6種のピザを焼く。



2枚ほど焼いたら、ダッチオーブンを取り出し

オリーブオイルとニンニクを軽く炒め

お肉の全面を焼く。

今回はこぶ黒のトウガラシ1.2sでローストビーフを作る。




AA70AF1D-F9AB-4B4C-B2D2-926E5567076A.jpeg
       一番喜んでいるのはワタシ?笑



こんがりと焼き目が着いたら

野菜を炒めお肉を戻して石窯の奥へ。

250度以上の窯なら20分加熱した後

常温で20分放置してローストビーフ完成。




3862D16A-AC3D-48AE-B1D8-2F216223EF25.jpeg
    ぶんちゃんの舌、長すぎ。



DF1D56C3-DB86-478E-BD7C-4CDD6A39DF65.jpeg
  トウガラシのローストビーフが一番好き。



7〜8枚のピザを焼き温度が250度程に下がったら

カンパーニュやバゲットなどの大型パンを焼く。

更に下がると、バターロールや

メロンパンなどの小型パンと

温度に合わせてメニューを変えていくのだ。




66A296BD-8EDE-4225-A76A-946729DEA611.jpeg
      こんがり焼けた丸いバターロール。



200度まで下がったら鉄鍋などに

オリーブオイルとトウガラシ

ニンニクを入れ窯に投入。

数分で取り出し、海鮮などを加え再び石窯へ。




74102C98-A686-4B1E-A8BE-7A19B876952C.jpeg
          アヒージョはやっぱ海鮮。




15分程でアヒージョが完成する。

その後は温度に合わせじっくりと焼きたい

塩釜焼きやクッキーなどを焼くのもいいよね。




38901120-DE3E-40A3-8B4E-913FA8688EB7.jpeg




石窯パーリー家族編番外。




4EE21752-D2C1-4368-9B7E-C5953C2F8746.jpeg
                いつもお手入れありがとう。



0CF84E19-8339-4C15-AE05-9F052881FBC0.jpeg
         ワンタッチテントはマスト。



E71ADABD-49ED-47AC-87AA-14FD267CE174.jpeg
    孫もスタッフも全員参加で9人と2匹。



AD4F5D32-764C-4ABA-BD0C-DEABDBF9273E.jpeg
           バーナーでアヒージョを炙る、いいね!



F1A4D1AF-9316-4B29-987F-A2B00562669F.jpeg
       〆はアイス争奪じゃんけん大会。



6B263237-8924-46FA-9A64-F7EC6FEDDA30.jpeg
       我が家の奉行、今日は貝を担当。



9C3E947B-0F1B-44E7-A877-CB066EAA74A0.jpeg
          ドローンのお手並み拝見。













posted by teru-teru at 19:51| 北海道 ☔| ♪石窯パーティ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

窯っぱ〜family〜








ある晴れた日の日曜日

ゲストもお招きし恒例の窯っぱを楽しんだ。






IMG_2604.JPG




IMG_2600.JPG






朝食をさっさと済ませ準備に取り掛かる。

どこかへ出向き

新しいものに触れるのもいいが

おもてなしとは口ばかりで

気取らずに、自分のペースで楽しめる

この時に、満足している。






IMG_2598.JPG




IMG_2601.JPG




IMG_2599.JPG






300度には、まだほど遠い石窯に薪をくべながら

ちびちびとワインを飲み

食材の下ごしらえをする。

13人分とあって準備ににも力が入る。

なんてコトはなく、いつもの様に

なんとかなるさの適当振りだ。

それでも窯の温度に合わせ

ピザ・ローストビーフ・大きなパン

アヒージョ・小さなパンと手際よく焼いていくのは

手慣れたもんだ。






IMG_2602.JPG




IMG_2597.JPG




IMG_2605.JPG






BGMは横のビニールプールで

聞きなれた孫たちの大騒ぎする声。





IMG_2603.JPG






これがワタシのささやかなしあわせ。




posted by teru-teru at 21:52| 北海道 ☔| Comment(0) | ♪石窯パーティ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

窯っぱ&乗馬仲間。







ちょっと遅すぎた秋恒例の窯ぱーりー。






image.jpeg






image.jpeg






image.jpeg






お庭には防寒対策ばっちりな

乗馬仲間が集まった。






image.jpeg






image.jpeg






image.jpeg






こんな山奥で

大好きな牛飼いをしてきたせいか

出逢いの場とは縁遠いワタシが

乗馬を通じて知り合った大切な友人たちだ。






image.jpeg






image.jpeg






image.jpeg







だからといって出逢いの少なさを

寂しく思ったコトなど一度もない。

それは

「どれだけの人に出逢ったか」ではなく

「その出逢いが自分にとってどうだったか」って

思うからだよ。






image.jpeg






image.jpeg






image.jpeg






挨拶や世間話程度の会話から

一歩踏み込んだお付き合いが出来る。

確かにその数は少ないが

ワタシは出逢った全ての人に

支えられ、励まされ、助けられ

多くを学び前進して来た気がするんだ。

感謝せずにはいられないよね。






image.jpeg
















posted by teru-teru at 20:05| 北海道 ☔| Comment(0) | ♪石窯パーティ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

窯っぱ&家族。








秋晴れの下、まだ少し早い

栗拾いに夢中になる孫たちを遠目に眺め

やっぱり「北海道はいい」と

実感していた一昨日の日曜日。






image.jpeg






物産展の疲れも癒えたところで

家族を集め

久しぶりに窯に火を入れた。






image.jpeg






image.jpeg






image.jpeg






食材の下準備から火入れ

窯の温度に合わせての焼き加減も

回を重ねるごとに上達し

今ではパンが炭になるほど焼くコトもなくなった。

冷蔵庫やストックしている食材たちを集め

孫たちに自由にトッピングしてもらい

ピザを焼く。






image.jpeg






息子達がまだ小さい頃、毎年

海へキャンプに行き

わいわいとカレーを作ったコトや

飯盒で炊いた焦げた

ご飯の香りをふと思い出したりした。

こうして時間は繋がっていくのだ。





image.jpeg






今日のメニュー

ソーセージてんこ盛りピザ
3種のきのこのピザ
ツナとコーンのみそマヨピザ
マルゲリータ
マッシュルームと海鮮のアヒージョ
カンパーニュ
ソーセージまきまきパン
グリルチキン



秋はまだ始まったばかり。










posted by teru-teru at 19:02| 北海道 ☔| Comment(0) | ♪石窯パーティ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

窯ぱ〜乗馬編。






2番牧草終了時の宣言通り、

目いっぱい遊んだ9月。

旅行にイベント、お買い物と、

このところ

「少しカラダの調子がなぁんだか変だ」

と思いながらも、

仕事で出し惜しみしたエネルギーを

この時とばかりに発揮している。




15-09-28-21-01-36-526_deco.jpg




見ず知らずの人と

乗馬という共通の趣味を通じ、

こんな風に時間を共有できるのはとても楽しい。

最近ではどこへ顔を出しても

年長クラスに所属するワタシは、

少し歳を重ねたせいか、

自分も通過してきた

年下の友人の気持ちが

よく理解できるようになった気がする。




15-09-28-20-57-15-040_deco.jpg




いくつかの集まりに参加しているが

幅広い年代層が集まる場では

上からも下からも学ぶコトも沢山あるのだ。

人間大好きなワタシとしては、

人との繋がりほど楽しいものはなく、

チョット肌寒い秋の夕方、

相手の顔が見えなくなるまで

話に華を咲かせたのだ。




15-09-28-21-00-29-937_deco.jpg




それもこれも

家族の理解があってこそと感謝しているよ。







posted by teru-teru at 22:23| Comment(4) | ♪石窯パーティ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする