2017年08月06日

8月の出荷。








明日、8月7日

東京食肉市場におきまして

4頭のこぶ黒が上場致します。

買参人のみなさま

よろしくお願い致します。











posted by teru-teru at 22:07| 北海道 ☔| Comment(0) | ♪こぶ黒上場情報。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

12月の出荷。








ワタシ達は、多くの命に支えられ

生かされているのだと

切ないほどに実感する瞬間。






IMG_0194.JPG






姿を変えブロック肉になって帰って来た

キミ達にナイフを入れる時よりも

生きたキミ達をこの牧場から見送るこの時

心から感謝するんだ。





明日、12月21日

東京食肉市場におきまして

6頭が上場いたします。

買参人の皆様、よろしくお願い致します。







IMG_0193.JPG






IMG_0192.JPG






いってらっしゃい。









posted by teru-teru at 21:15| 北海道 ☔| Comment(2) | ♪こぶ黒上場情報。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

12月の出荷。








12月1日(木)

東京食肉市場におきまして

1頭の去勢と5頭のメスが上場いたします。

買参人の皆様よろしくお願い致します。







IMG_0835.JPG






IMG_0834.JPG






IMG_0836.JPG







すっかり肥育を任された息子が

エサを食べない牛くんを前に

何かを考えているようだ。

今では長男の手に慣れた牛クンたちは

たまにワタシが手伝いに行くと

エサを残す子もでて来た。







IMG_0830.JPG






20年以上も

肥育を任されてきたワタシとしては

ちょっと寂しい気もするがそれでいいのだ。

それでいい。

やり甲斐はあっても

決して単純ではない

牛くんを肥育するという仕事。






IMG_0831.JPG






育成の影響もあるが

肥育成績は大きく収入を左右するため

プレッシャーも多く感じていた。

様々な原因により

エサを食べなくなるコトは珍しくなくい。

いや、そんなコトばかりで

原因の早期発見と改善、そして

そのタイミングや牛くんの観察は

経験でしか得るコトはできないのだ。







IMG_0833.JPG






IMG_0832.JPG






失敗は早い方がいい。

考えろ。

考えろ。














posted by teru-teru at 20:51| 北海道 ☔| Comment(0) | ♪こぶ黒上場情報。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

9月の出荷。







9月16日(金)

東京食肉市場におきまして

4頭の去勢が上場いたします。

買参人の皆様よろしくお願い致します。





image.jpeg





image.jpeg





image.jpeg





image.jpeg






2015春から稼働した

新肥育舎からの初出荷だ。

自動給餌器・不凍給水器が完備され

天井からは24機の換気扇が

音も立てずに

新鮮な空気を送り込んでいる。

全面には野鳥除けのネットが取り付けられ

粗飼料庫や敷料庫も隣接しているため

作業効率もいい。

肥育を担当していたワタシにとっては

夢のような牛舎なのだよ。

それを引き継いだ長男が

右も左もわからずに

悩みながら肥育した

牛くんの出荷が始まった。




寂しいような嬉しいようなその初出荷。

いい牛に育てたな。












posted by teru-teru at 21:50| 北海道 ☔| Comment(2) | ♪こぶ黒上場情報。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

7月の出荷。








7月28日、

東京食肉市場におきまして

4頭の去勢と1頭の雌が上場いたします

(上場NO193〜197)

買参人の皆様、よろしくお願い致します。










image.jpeg






image.jpeg






image.jpeg





息子に肥育という作業を引き継いで

4ヵ月が経とうとしている。

多くは伝えず

彼の肥育管理を

尊重しているつもりでも

内心は牛さん達が

気がかりで気がかりで気がかりで…。

この20年以上、

成績にはこだわらず

美味しい和牛を作りたい。

そんな思いで牛さんと向き合って来た。

けっして無理をさせない

ワタシの肥育管理は

確かに素晴らしい成績ではなかったが

かけてきた愛情は

彼らにも伝わったと信じている。

息子がどういう牛さんを

作ろうとしているかはわからないが

忘れないでほしい。

牛さんも確かにここで

生きているというコトを。





































posted by teru-teru at 21:04| 北海道 ☔| Comment(2) | ♪こぶ黒上場情報。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする